さくらハウスの理念


療育方針
社会自立を目指した療育

さくらハウスでは、保護者の方の願い・思いを汲んだ「個別の支援計画」を作成します。

そのうえで、「個性の伸長」を最大のテーマにして日々子どもさんと向き合っています。

キャリア教育の推進

さくらハウスの指導員は、療育の専門員を中心に構成しております。

あいさつ・言葉遣い・人間関係(信頼関係)の構築にも気を配ります。

保護者への支援も重視

保護者懇談会の実施や、保護者が集える「サロン」の設置も予定しております。

保護者との連絡は密にし、連携を図る体制が整っております。

各方面との連携
保護者の方との連携

子どもさんお一人お一人に作成する「個別の支援計画」に沿って、保護者の方との懇談を重ねながら連携を深めていきます。

学校・関係機関との連携

子どもさんの通う学校との連携を深めることで、子どもさんの少しの変化にもいち早く対応出来る体制を整えております。

また、他機関とも関係を密にして、子どもさんの個性の伸長にとって最適な環境作りに全力を挙げております。

他の事業所との連携

より幅広い事案に対応出来るよう、他所での事例研究も欠かしておりません。

スタッフ
教育ライセンス

さくらハウスの指導員は、療育の専門員を中心に構成されております。

療育のプロとして、子どもさんの将来に真摯に向き合います。

緊密な連携関係

日々の子どもさんの変化など、些細なことでもすべてのスタッフ間で共有しております。

保護者の方との連携も密に行っております。

日々の成長意識

療育のプロとして、日々変わりゆく環境に対応しながらも、子どもさんとともに成長する意識を常に持っております。

設備
安全・安心

子どもさんの目線に立って、安全に配慮した施設の環境設計をしております。

遊具など

「個別の支援計画」に沿って、個に応じた社会自立の方向性を見出すために、ご利用の子どもさん同士及び子どもさんと職員のコミュニケーションを大切にしています。

そのため、体を動かす遊具や書物、折り紙や筆記・絵画道具を準備しています。

テレビゲーム等については、原則としてご家庭で遊んでもらうため、さくらハウスにはテレビゲームやテレビモニターなどは設置しておりません。